HOME>注目記事>お客様を乗せることで神経を使う仕事にもなる

健康で体力があり忍耐力も必要な仕事

車模型と人

子供の頃、憧れの職業に電車やバスの運転手と答えた人も多いのでないでしょうか。バスの運転手には誰もが簡単そうになれると考えがちですが、実際には相当な苦労があると知っておきましょう。バスの運転は必ず運行スケジュールがあり、それに沿って走る必要があります。道路が混雑していて運行時間が遅れても、お客様は簡単に納得してくれません。また観光バスなどは知らない道路を走ることもあり、お客様の安全を考えての運転には体力も必要になって来ます。安全で丁寧な運転が必要な上に、時間通りの運行が必要となって来るのがバス運転手の仕事になります。そして健康なことも必要条件になり、腰痛にならない工夫も怠ってはいけません。

路線だけを走る仕事

運転手

団塊の世代と呼ばれる人たちが第一線から引退してしまい、今人手不足に悩まされているのがバス運転です。この運転手には誰もがなれる訳ではなく大型二種免許証が必要になり、この資格を持つ人が意外に少ないと言うことも人手不足の要因となっています。そんな運転手にはどんな職種があるか調べてみましょう。まずは誰もがお世話になったことがある路線バスがあり、地元のエリアを広くカバーして走るバス会社に勤務することになります。定時で始まり定時で終わる仕事が多く、不規則な生活にならない良さがありますが、お客様の乗降回数が多く、気を使う仕事にもなります。

観光や高速道路を走る

車内

次に観光客の増加と共に増えているのが観光バスの運転手で、観光地巡りが主な仕事です。日本の端から端まで移動することはありませんが、県内や県越えと言った旅行も多く、一度の仕事が何日も続くことがあります。また観光名所に行くことが多く、旅行が好きと言う人には最適な仕事にもなっています。そして今や地方都市においてはならないのが高速バスの存在で、これの運転をする仕事があります。新幹線以外の鉄路が少なくなり、長距離移動をカバーする存在として大きな人気を得ているのが高速バスの特徴です。

広告募集中