女性ドライバーが増えた

バスの運転手

今、バスの運転手になる女性が非常に増えています。これからの時代、路線バスや高速バスにおいても女性運転手が多く見られる時代が来るのかも知れません。女性運転手が増えた理由としては、まず運転手の高齢化が進み、多くの人が退職してしまったことがあります。特に段階の世代と呼ばれる人たりがリタイアしてしまったことが、急速な人材不足になってしまった原因とも言われます。人材不足は都市圏だけでなく地方都市にも及び、バスの減便につながってしまう深刻な影響も与えることになっています。またバス業界では事業拡大が進み、特に観光に力をいれる会社も多く、そのことから尚のこと運転手不足に輪をかけることになりました。幸い、今年はコロナ禍のため稼働率が悪くなっているのですが、それでも地方交通機関のメインとしての働きは大きく、人材不足のままの状態が続いています。

集中力を切らさない

バス

バスの運転手になるためには、大型二種の免許が必要になりますが、免許があれば誰もが出来ると言うものではありません。一度の多くのお客様を乗せ、目的地まで運ぶ仕事になる訳ですから、人命を預かる仕事になります。そのため非常に多くの神経を使うことになり、体力だけでなく精神的に強い人が望まれます。町の中では無謀な運転をする人もいますが、その人たちと常に接する危険性も備えることになり、運転に対する集中力も必要です。また安全運転が第一で、急ブレーキなどはお客様のケガなどに繋がることになりかねず、周囲への配慮も忘れることが出来ません。しかし最近のバスも車両進化が進み、ハンドル操作やブレーキングなどもかなり改善され、運転しやすくなっているのも事実です。

広告募集中